【番外編】神田古本まつり、神保町ブックフェスティバル(2006年10月28日)
早稲田のまちは古くから「学生の街」として知られていますが、学生が多ければ当然色んな本を読んで、勉強する人も多い・・・
早稲田にはこうした学生さんを応援する古本屋さんが数多くあります。

そう、早稲田は「古本の街」でもあるのです。早稲田通りを西早稲田交差点から高田馬場方向に少し歩くとそこはもう「古本街」通りの両脇に数多くの古本屋さんが軒を並べています。


そんな早稲田以上に「古本の街」で有名な街、、、それは「神保町」。有名ですよね。

今回は番外編として、神保町で毎年秋に行われている古本市のイベント「神田古本まつり」「神保町ブックフェスティバル」の模様をお届けします。

古本街のメイン通りである「靖国通り」沿いで行われるイベントが「神田古本まつり」です。毎年10月下旬から11月頭までの1週間ほど開催されます。今回で47回目を迎える大変歴史もあるイベントです。
   

実際に靖国通り沿いに店を構える各お店が、この期間は道路側にも出店を出し、格安本のセールはもちろんのこと、大変貴重な書物もこの時ばかりは大特価でご奉仕です!

お気に入りの本はみつかったかな。。。

一方、神保町の古本街は靖国通りだけではありません。一歩裏に入った「すずらん通り」にも古本屋さんがあります。そのすずらん通りと一直線に通じる「さくら通り」の商店街で「神田古本まつり」期間中の土日に開催されるイベントが「神保町ブックフェステュバル」です。こちらは2006年で16回目を迎えました。
こちらのイベントの特徴は各出版社自身が出店を出します。各出版社の発行した本がこの時ばかりは特別割引価格で購入できるとあって、こちらも大勢の方で賑わっています。少々マニアな本はこちらが多かったりします。
またこちらでは飲食模擬店の出店や、本に限らない小物などの販売も行っています。
    

大変賑わう会場ですが、神保町でもそして早稲田でも古本屋さんの後継者不足など課題は多いそうです。

もしかしたらこうした風景もなつかしの風景になってしまう時が遠くないかもしれません。

インターネットの普及で最近なかなか本を読まないという人も多いはず。

たまには画面を離れて本の世界に浸る・・・そんな生活してみませんか。

■関連サイト■
BOOK TOWN じんぼう・・・神田神保町古書店街の案内、古書の検索
神田すずらん通り商店街振興組合
神保町応援隊
2006年4月に設立され、地域の方と連携し「神保町の為に役立ちたい」「町おこしのお手伝いをしたい」と各種イベントの手伝いやフリーペーパーの発行などを行っている団体

【参考】早稲田から神保町へのアクセス
早稲田駅→(東京メトロ東西線)→九段下→(東京メトロ半蔵門線)→神保町駅下車
西早稲田・甘泉園公園前・グランド坂下・早稲田バス停→(都営バス九段下行き)→まないた橋バス停下車徒歩5分

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>【番外編】神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.