早稲田古書店街連合会 第11回早稲田青空古本掘出市(2007年5月19日)

新緑あふれる5月、気持ちの良い陽の下で読書はいかがでしょうか・・・

1997年にスタートした早稲田大学正門前での「古本市」。今年で11回目を迎え、5月14日〜19日に開催されました。
今回は最終日19日の模様をお届けします!
正式名称は「第11回 早稲田青空古本掘出市」。神保町に次ぐ古書店街として知られる早稲田〜高田馬場の古本屋さんで構成される「早稲田古書店街連合会」が主催し、毎年この時期に早稲田大学正門前で開催されています。
     
正門前のワゴンでは文庫・新書を中心に1冊100円からの激安価格。今年は早稲田大学創立125周年ということで「1冊125円」の特設ワゴンコーナーも開設されました。
テントの中は様々な古書が勢揃い。最終日の19日も大勢の方で賑わいました。この中からお気に入りの本は見つかったでしょうか。
   

   
早稲田の古本市・・・早稲田文化の創造に今も大きく貢献しています。
  

  ★次回開催★
  西早稲田「子育て地蔵」古本即売会 早稲田戸塚市場古本市
  日時:6月26日(火)〜6月30日(土)10時から19時(最終日は18時まで)
  場所:戸塚市場

さて、今回も盛況だった。古本市。
ただ、現在古本屋さんの皆さんは大きな悩みを抱えております。「古本市」の開催機会の減少です。

古書店連合会ではこれまでこうした古本市を毎月、高田馬場駅前の「BIG BOX」前で開催しておりました。
しかし、「BIG BOX」の改装工事に伴い、2007年5月16日をもって終了してしまいました。しかも、改装工事後の再開は現在のところ「ない」ということで、すっかり早稲田の文化に溶け込んでいた「古本市」の灯が消えてしまいました。

さらに、もう一つの古本市の開催場所であった「戸塚市場」も2007年度をもって営業終了に伴い終了することが決まっております。

このままでは、来年からは春の早稲田大学正門前の古本市と秋の水稲荷神社での古本市の2回だけになってしまうのです。現在古本屋さんの皆さんで新しいアイデアの企画を検討しているようですが、幅広い皆さんからのアイデアが欲しいとのこと。

是非みなさんも何か良い企画アイデアがありましたらご連絡ください!

■参考サイト:早稲田古本ネット

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>第11回早稲田青空古本掘出市(2007年5月19日)

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.