「門のある早稲田大学」=はしかレポート=(2007年5月26日)
休講をしらせる掲示ご存知の通り、関東地方を中心に「はしか」が流行しています。
早稲田大学では学生の感染者が30名を超えたとして、5月21日の4限目の授業から5月29日まで「休講」となり、大学キャンパス構内も(教職員を除き)立ち入り禁止となっています。

早稲田大学は「門のない大学」として知られており、入学試験の一定期間と夜間を除き、その門が閉ざされることはありませんでした。その早稲田大学の「門」も今回は閉ざされています。(お盆休みも、年末年始も大学の建物には入れませんが、構内には入れるのです!だから「門のない早稲田大学」と呼ばれております。)
また、早稲田大学の学生さんがお客様の大半を占めるお店にも臨時休業するところがでるなど影響が出ています。

「門が閉ざされた早稲田大学」本当に貴重な一コマなのです。
早稲田大学戸山キャンパス入口 2007年5月26日の早稲田大学正門
以下の画像は昨年12月31日に撮影した早稲田大学正門。門が開けられていることが分かります。
2006年12月31日の早稲田大学正門
普段は学生で大勢の方が歩く早稲田界隈もご覧のあり様です。(午後2時ごろ撮影)
南門通り 馬場下町交差点 戸山キャンパス〜学生会館の諏訪通り

西門通り 大隈通り 西早稲田交差点
早稲田文化を形成するサークル活動も禁止され、学生会館にも入ることができません。
劇団の公演も延期、大学創立125周年記念の「漫画研究会OB展」は打ち切りになりました。
  

 
早大生のお腹を満たす周辺商店街の飲食店にも大きな影響が出ています。普段は賑わうお店もこの期間は普段と違う様子。満席にはならず、お客さんも早稲田中学・高校の学生や近所の奥様?といったところ。
 

 
お店によっては臨時休業をするお店もありました。
オールドバザールのご主人も暇そうです 

  
当然ながらこの日(26日)予定されておりました体育会各部の新人パレード(高田馬場駅〜早稲田大学)も行われませんでした。(こちらは18日に決定)
早く日常の「早稲田の風景」に戻ることを祈念しております。

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス2007年の早稲田特集>「門のある早稲田大学」=はしかレポート=

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.