早稲田の年末年始(2006年12月31日〜2007年1月1日)
大晦日の早稲田の風景です。
年末年始といえば初詣。早稲田にある神社では新年に向けた準備が進んでいます。

水稲荷神社の風景です。
    

こちらは穴八幡神社の風景。大晦日の24時が奉る時間でもあるため、「一陽来復」の御守りをもらいに大勢の方がいらっしゃっていました。
   

穴八幡神社斜め前の早稲田老舗のお蕎麦屋「三朝庵」(カツ丼発祥の地の一つともされています)です。
冬至から節分までは毎日「融通そば」が食べられます。
この日は大晦日の年越しそばを融通そばで食べるお客様で賑わっておりました。
   
一方で大晦日は日曜日でした。
休日の午後は歩行者天国となっている早大通りではいつものように子供たちがあるいは親子で遊んでいる姿がみられます。

大晦日の早稲田大学、さすがにこの日は人影もないほど静かです。
早稲田大学は「門のない大学」として知られています。
大晦日でも正月でも昼間は門が開かれ、キャンパス内を自由に行き来できます。
(昔は24時間365日自由に出入りでき歩けたそうです)

こちらは、大隈通り商店会の入り口の街灯に飾り付けられた大きな松と竹です。

お店では店頭の両端に背の高い竹を飾り、さらに、出入り口の上には注連縄に御幣を飾り付けるところが多くみられます。
こうしたところは地元の神社の氏子となっている東京の商店では多くみられます。

そして、いよいよ2007年の到来です。
  
こちらは、元旦の水稲荷神社の風景です。人は多くありませんでしたが地元の皆さんが参拝に絶え間なく訪れています。
  
そして、こちらは水稲荷神社の元旦の様子です。早稲田内外から訪れている参拝者の皆さんで大賑わいです。境内の露店の中も歩きにくいほどでした。
  
参拝はすぐできますが、御守り・お札・一陽来復などをお求めになる場合は一番右のように結構並びます。

穴八幡宮前の交番もお正月模様です。

今回は2007年瞬間の模様はお届けできませんでしたが、
元旦の午前0時からは水稲荷神社では「福餅」が配られ、「宝舟の神札」をもらうことができます。
また、穴八幡神社では「奉納餅つき大会」がひらかれお持ちが参拝者の皆様に配られます。
来年は午前0時に両神社に訪れてみませんか。
  

■関連サイト:早稲田の冬至(穴八幡神社(穴八幡宮)の「一陽来復」)

【参考】
■穴八幡神社(穴八幡宮)へのアクセス
東京メトロ東西線早稲田駅下車、高田馬場方面の出口から早稲田通り沿いに高田馬場方向へ徒歩1分。
1つめの交差点の角(高田馬場方面左側)にあります。
高田馬場駅から都営バス「学02系統早大正門行」で「馬場下町」バス停下車、通りの向かいにあります。
■水稲荷神社へのアクセス
高田馬場駅から都営バス「学02系統早大正門行」で「西早稲田」バス停下車、通りを少し戻ると「西早稲田交差点」
がありますので、その信号を渡り坂を下る大きな道を1分ほど歩くと左手に境内入り口の階段があります。

早稲田エリアマップはこちらからどうぞ

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>早稲田の年末年始(2006年12月31日〜1月1日)

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.