早稲田大学野球部33年ぶりの大学日本一(2007年6月17日)
おめでとう早稲田大学野球部!大学日本一!
東京六大学野球春季リーグ戦の優勝に引き続き、早稲田大学野球部は第56回全日本大学野球選手権大会でも優勝。お祝いムードに包まれました。6月17日の決勝戦、対東海大戦の模様をお届けします。

2007年6月17日全日本大学野球選手権決勝戦。東海大学対早稲田大学。
この日も舞台となった神宮球場には試合開始前から大勢の方が詰め掛けています。


全国の大学野球リーグを勝ち抜いた大学がトーナメント戦で大学日本一の座を争います。

勝ち抜いてきた
早稲田大学は右から6番目、東海大学は左から6番目です。
 
試合前から盛り上がる学生応戦席。
 
この日も斉藤佑樹投手の前には姿をカメラに収めようと人が集まります。


 
現役、社会人、OBOGを交えての校歌斉唱。とエール交換
「早稲田 早稲田、早稲田 早稲田、早稲田 早稲田 早稲田♪」
「フレーフレー早稲田 フレーフレー東海」
 

試合はDH制。この試合が最後の最後、先発は斉藤佑樹投手です。

斉藤佑樹投手先発に盛り上がる場内



いよいよ試合開始です。
1回表、早稲田は主将 田中幸長選手の犠牲フライで先制。喜ぶスタンド。
  
先発の斉藤佑樹投手は5回まで無失点の好投。
  
一方の打線は4回、副将 小野塚誠選手のホームランで2点を追加。斎藤佑樹投手を援護します。
 

 
いいぞいいぞ上本♪

6回に1点を取られた斎藤佑樹投手は勝ち投手の権利を得て松下建太投手へスイッチ。この松下投手が素晴らしいピッチングで東海打線を封じ込めます。
  
そしていよいよあと1球・・・
松下投手はこれを空振り三振に仕留め、33年ぶりの大学日本一の座を手にしました!
 

 
優勝に喜ぶ早大野球部ナインと観客の皆さん
そして、應武監督はじめ選手達の胴上げです。
 

 
應武監督、斎藤投手のインタビュー
 
   
試合後の閉会式では、優勝旗をはじめ各トロフィー、記念メダルの授与が行われました。
第56回 全日本大学野球選手権大会

優勝 東京六大学野球連盟代表 早稲田大学

<戦跡>
2回戦(6月14日)対九州国際大 ○2−1
準々決勝(6月15日)対関西国際大 ○16−3
準決勝(6月16日)対創価大 ○10−1
決勝(6月17日)対東海大 ○4−1

最高殊勲選手賞 : 斎藤佑樹投手
最優秀投手賞 : 松下建太投手
首位打者賞 : 上本博紀選手
功労賞 : 三浦純マネージャー
 

 

■関連サイト:
【番外編】斎藤佑樹投手先発デビュー・六大学野球東大戦
早稲田大学野球部・六大学野球リーグ戦2連覇!
早稲田大学野球部優勝ポスターグラフィティ
■参考サイト:
全日本大学野球連盟ホームページ
東京六大学野球連盟ホームページ
早稲田大学野球部ホームページ

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>早稲田大学野球部33年ぶりの大学日本一(2007年6月17日)

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.