卒業、入学とサークルの新勧活動(2007年3月25日、4月1日)
春は別れ季節でもありまた新たな出会いの季節でもあります。
早稲田では毎年3月25日に早稲田大学の卒業式が、4月1日に早稲田大学の入学式が開催され、1万人の早稲田を巣立つ人と1万人の新たに早稲田に集う人が行き交います。また、たくさんの学生で賑わう早稲田大学のサークル等による新入生の勧誘活動は早稲田の風景のおなじみの1コマとなっています。
2007年の卒業、入学式の街の様子と早稲田大学のサークルの新勧活動の様子をお届けします。

■2007年3月25日卒業式
この日は残念ながら朝から大雨のあいにくのお天気。
卒業には涙をあらわすかのような日でした。
しかしお昼前には雨はやみ、時より降ったり止んだりとなりました。

 
式場の前では「学位記」を授与された皆さんが記念撮影をしています。おなじみの光景ですね。
卒業式にあわせ、改修工事中の大隈講堂を覆っていた白い幕もはずされ、大隈講堂前でも皆さん記念撮影をしておりました。
   
周辺の商店街では卒業をお祝いするポスターが掲示されます。これもおなじみの光景です。
   
■2007年4月1日入学式と新勧活動
4月1日の入学式は新入生をあたたかくお迎えするかのような快晴の天気となりました。新しいスーツ姿の新入生が続々と入学式場の記念会堂へ向かいます。早稲田駅から記念会堂へ向かい道では様々な団体、会社などがチラシ等を配ります。
  
一方、西早稲田キャンパス内ではサークルや各部活動による新入生の勧誘活動が行われております。早稲田祭と並び早稲田大学のキャンパスが人混みで歩けないほどになることで知られております。
この日もこの人だかりでした。
  
新勧活動といえば大量にまかれる各サークル等の「ビラ」です。決して美しいことではありませんが、新入生が通ったあとの大隈講堂前はビラだけが残ります。これも恒例の早稲田の風景の1コマです。
 
5年程前は、この「ビラ問題」に学生が自ら人を出し、回収・掃除をする時代もありましたが、現在では早稲田大学が外注した業者さんが毎日早稲田大学と周辺にまかれたビラを回収しています。
     

        
卒業式同様、周辺の商店街では入学をお祝いするポスター等が掲示され、お祝いムードに花を添えます。

早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>卒業、入学とサークルの新勧活動

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.