夏目漱石生誕140年・漱石ギャラリー(2007年6月16日)
 文豪・夏目漱石は、早稲田の地で生まれ、早稲田の地で終焉を終えました。そして、今年2007年は生誕から140年を迎えます。この記念の年にあたり、新宿区と民間団体は協同で、夏目漱石についての情報を広く発信し、日本の身近な作家として知っていただくことを行っております。今回は6月から「生誕の地」で行われている展示会の様子をお届けします。

夏目漱石誕生の地展示会は早稲田駅前にある「生誕の地」のビルの地下1階で行われております。

 
会場はこじんまりとしておりますが、夏目漱石の生誕から終焉までの生き様を紹介したパネル展示をはじめ、夏目漱石が書いた様々な著作の初版本の展示、当時漱石が良く訪れた場所の地図、東北大学の協力による映像を用いたイギリス留学の様子など見ごたえ十分なものとなっております。
 
残念ながら6月17日までの期間限定の展示でございましたが、映画「ユメ十夜」で実際に用いられた実物大の夏目漱石人形です。

新宿区の中山弘子区長も訪れ、記念撮影です。
<開催概要>
開催期間:
2007年6月4日(月)〜7月30日(月)  午前10時〜午後6時
開催場所:
新宿区喜久井町1(1階が「吉野家」のビルの地下1階)
(会場までのご案内)
  

   
「東京メトロ東西線早稲田駅」の高田馬場よりの出口を出ます。
中野方面ホーム側の出口「2」(写真のA2ではありません)の階段を上がり、正面右手の信号を渡ります(正面が酒屋さん)。
渡った酒屋さんの右隣のビル(1階が吉野家)が会場です。(会場は地下1階)
 
○帰りにはお土産をどうぞ・・・

数々の夏目漱石に関連したグッズの販売があります。オススメは「漱石山房月餅」あの新宿中村屋さんの製造で特別に発売しております。
この展示会は、地元新宿区出身の明治を代表する文豪「夏目漱石」を顕彰するため地元に根ざした活動を行っている市民団体「漱石山房を考える会」が新宿区との協同事業で実施しているものです。
この他にも下記のような様々な企画を実施予定です。(クリックすると拡大します)
漱石を語る七夕講演会
漱石を語る七夕講演会
7月7日(土)14:00〜
四谷区民ホール
親子で行く「漱石号」の旅
夏休み
親子で行く「漱石号」の旅
7月31日、8月9日、8月26日

■関連サイト:
2007年の早稲田特集
■参考サイト:
夏目漱石生誕140年記念事業(新宿区のHP)
漱石山房を考える会




早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス2007年の早稲田特集>夏目漱石生誕140年・漱石ギャラリー

Copyright (C)2006-2007 wasedatown.jp All rights reserved.