【番外編】箱根駅伝で古豪・ワセダ復活(2008年1月3日)
祝!箱根駅伝往路優勝、総合2位

「第84回東京箱根間往復大学駅伝競走」が1月2日(往路)、3日(復路)と行われ、これまで長年にわたりシード権争いに甘んじていた早稲田大学が渡辺康幸駅伝監督の下往路優勝・総合2位の快挙を達成。古豪・ワセダ復活ののろしをあげました。

おめでとうございます!!

見事な成績をあげた箱根駅伝の選手たち、特にこれまで山に弱いといわれていた5区の駒野選手、6区の加藤選手が軽快な走りを見せたことが目標達成につながりました。早稲田の風景では復路・ゴール地点近くの早稲田大学への応援の様子をお届けします。

日本橋から中央通りを少々南へ。ビルの軒下をお借りして早稲田大学応援部の応援会場がありました。すでに沿道には大勢の方が詰めかけているほか、応援会場にも大勢の卒業生・現役生が集まっておりました。

この時はすでに最終10区に入っており、9区で駒澤大学に抜かれた早稲田大学は2位を走っているという場面です。

そして、いよいよ応援がスタート。応援部の幹部交代後こうして大勢の人の前で応援をするのは初めてでしょうか?少々緊張した面持ち?
 
応援がスタートすると周囲の人たちが集まり、会場は熱気に包まれます。
  

まだ出番のないチアリーダーたちも裏で一緒に応援します。

ちなみにOBは場内警備だそうです。
映っているこの方は・・・ご存じですね。
前応援部主将の浅見さん。
チアリーダーが登場するとますます会場のボルテージが上がります。
  

そして、10区アンカーの神澤選手が通過。あと一息です。

がんばれワセダ。
 
毎年テレビの年間視聴率ランキングでトップ10に入るほど国民的お正月行事となった箱根駅伝。あまりの注目度の高さに今年は残念ながら3校が途中棄権するということもありました。
テレビに夢中にならずに沿道で観戦するのもよい楽しみ方だと思います。
  

■参考サイト:
箱根駅伝公式WEBサイト
関東陸上競技連盟
早稲田大学競走部


早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜トップページ早稲田の風景インデックス>箱根駅伝で古豪・ワセダ復活(2008年1月3日)

Copyright (C)2006-2008 wasedatown.jp All rights reserved.